2008年03月05日

禮器碑

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

今回は久しぶりに「臨書のすすめ 隷書」ということで、『禮器碑』です。

テキストは今回も二玄社『中国法書選』として話を進めます。


一般には『禮器碑』の呼称が最も有名だと思いますが、『韓勅碑』という呼び方をされる事もとても多いですね。

「曹全に対して韓勅は」

などといった感じの言い回しは頻繁に出てきますので、覚えておくと良いと思います。


実はこの『禮器碑』に関しては、ここで扱うべきか否か、随分と悩みました。

と言うのも、正直に言ってこの『禮器碑』、初学者の独習はかなり厳しいと思うからです。(何だかそんな話ばっかりですが・・・)


とにかく用筆がとても複雑で、その点に於いてはこれまでここで紹介してきた『曹全碑』『乙瑛碑』『史晨前後碑』とは比較になりません。

用筆の複雑さだけが書の優劣を決めるわけではないというのは言うまでもありませんが、ある意味ではこの『禮器碑』は他の八分隷とは全く異質の存在だと言えるでしょう。

それでもこの『禮器碑』は隷書の典型として筆頭に挙げられる事も多いですし、黙って放っておくわけにもいかなそうなので、今回しぶしぶ取り上げる事にしました。

が、

やっぱりどうしたものか、困りつつ書いています(苦笑)


これまでここで取り上げてきた隷書と比較した場合、初学者の方が最も大きな違和感として感じるであろう点は、恐らくその線の細さだと思います。

例えば『乙瑛碑』と比較した場合、極めて繊細な線である事が分かると思います。

更には非常に繊細な筆圧の変化があり、1本の線に盛り込まれている表情が極めて多彩です。

それでありながら、全体として見た時に、少しも技術臭さを感じさせないのですから、その表現力は正に驚異的と言って良いでしょう。


独習する場合、先ずはその繊細で多彩な用筆にどこまで気付く事が出来るのかが問題になると思います。

これまで紹介してきた八分隷と同じつもりで見ていたのでは、いつまで経っても気付く事すら出来ないと思いますので、心してかかりましょう。


『禮器碑』の用筆、実はチョ遂良(チョの字が表示出来ません)の『雁塔聖教序』とよく似た部分があります。

少々乱暴な考え方ながら、私はこの『禮器碑』をやる前に『雁塔聖教序』をやっておくと良いと思っています。

歴史的順序を全く無視した考え方ですが、いきなり『禮器碑』をやるよりは間違いが少ないと思うからです。


ですが・・・

考えてみたらこのブログではそもそも『雁塔聖教序』をまだ紹介していませんでした(汗)

う〜〜ん・・・

思いつくまま何の計画性も無く今日まで書き続けてきてしまったツケが回ってきましたね(汗)


別の方法を考えましょう・・・(汗)


そうだ!

こんな時には双鉤に取ってみる、というのも一つの方法です。

双鉤に取ると、ただ見ているだけでは気付きにくかった部分にまで自然と目が届きますから。

是非一度やってみて下さい。


次に、仮に気付く事が出来たとして、それを再現出来るかどうか、という話になりますが、これこそなかなか難しいと思います。

思いますが、諦めてしまってはそこで話が終わってしまいますので、何とか頑張って下さい。

最初は大きめ(半紙に2文字大)に書いて練習した方が良いと思います。


ここではこのブログで再三繰り返してきた

「同速度、同筆圧」

の原則だけでは全く太刀打ち出来ませんが、それでも

「同速度」

という意識は持ち続けて下さい。


ついつい用筆の繊細多彩な部分にばかり目がいきやすいのですが、そうすると結果としてヒョロヒョロナヨナヨとした生気の無い線になったり、字の骨格がグニャグニャになったりします。

かと言って

「同速度」

の意識を忘れて適当に筆の勢いに任せて線を強くしようとしても、それではグニャグニャ度合いを増すだけになりますから、気を付けましょう。(線の強さや深さは筆の速度で出すのではありません。)

グニャグニャでは『禮器碑』になりません。

『禮器碑』の本当に凄いところは、これ程繊細で多彩な用筆でありながら、その骨格は極めて厳正で強靭である、という点なので、そこを忘れてしまってはいけません。

この骨格の強さがあるからこそ、これ程の繊細な線でありながら、技術臭くも弱々しくもならないのです。


個人的な意見としては、この骨格の強さを手にすることが出来るのであれば、用筆の妙については後回しで構わないとさえ思います。

尤も、骨格と用筆と、それ程単純に切り離せるものではありませんが、用筆の妙に酔い過ぎて惑わされてはいけません。


碑側や碑陰も含めるとかなりの多字数なので、じっくり学ぼうとすると相当の時間がかかるはずですが、時間をかけた分だけ前に進むと考えれば、かかる時間も手間も、また楽しさの一つというものです。

思う存分楽しんで下さい。


というわけで、しぶしぶ『禮器碑』でした(苦笑)

それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:書道
【関連する記事】
posted by 華亭 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨書のすすめ 隷書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック