2007年12月29日

鵜呑みにして保留

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

予想に反して年内にまたアップ出来ました。


今回も前回の続きですが、いつにも増して説教臭い内容になってしまっていますね(苦笑)

しつこいようですが、とても大事な話なので御勘弁を。


前回は筆の持ち方を例に挙げて、初学者の人が自分の感覚を鵜呑みにしてしまう事の危険性を考えてみました。

でも実はこれ、初学者の人だけに当てはまる話ではありません。


「最近少しは書けるようになってきたかな」

なんて思い始めた人こそ、肝に銘じておかなければいけない問題だと思います。


参考までに私の場合をお話ししておきますね。


師から指摘の中で、どうにもその時点の自分の感覚として納得しがたいものがあった場合、私はどうすると思いますか?



「ひとまずそのまま鵜呑みにして保留する。」


これが答です。


これだけではよく分かりませんね。

もう少し詳しく説明します。


師からの指摘を受けてどうにも納得がいかない場合というのは、つまり

「う〜〜ん・・・そうかなぁ?違うんじゃないかなぁ?」

と感じた場合の話です。


もっと具体的な場面を想定するのであれば、例えば作品選びで最終的に残った2枚のうち、どちらかを選ぼう、となった時に、自分はAを、師はBを選んだ、というように、自分の意見と師の考えとが食い違ったとしましょうか。

「え〜〜?絶対にこっち(A)の方がいいと思うんだけど・・・」

こういう場面、ありませんか?


その場合、私はこう考えます。

「違うと思うんだけどなぁ・・・でも、先生には今の自分には見えていない何かが見えているんだろうから、とにかく先生の言うとおりにしてみよう。」

と、その時点での自分には納得がいかないとしても、納得がいかないまま、自分の中でそのまま保留にしておくのです。


「え〜〜〜!?そんなの気持ち悪いだろ!」

と、思うかもしれませんが、ここが肝心なのです。

ここで自分の感覚を押し通してしまうのでは、師に教えを受ける意味がありません。


何も盲目的に狂信的に師の言う事を聞かなければいけないと言っているのではありませんよ。

この時点で納得いかなかった師の判断も、自分が一歩一歩進んでいく中で、ある時、突然その意味に気付き、思い知らされるのです。


「あっ!!あの時に先生が言っていたのはこの事だったのか!」

と。


こういった体験を数限りなく繰り返しながら、私は今日まで筆を持ち続けてきました。


師の話が「納得がいかない」「理解出来ない」というのは、

「今の自分には見えていない何か」

がそこにあるという目印のようなものです。

それは他でもなく、その時点での自分には足りない、極めて重要な部分である筈です。


それなのに、それを「納得がいかない、理解出来ない」というその時点でのあてにならない自己判断だけで拒絶してしまうのでは、せっかく目の前に現れた目印を、自分自身で消してしまうようなものではありませんか。


ですから、その時点の自分にとって「納得がいかない、理解出来ない」と感じる度合いが強ければ強い程、私はその内容をとりあえずそのまま一切漏らさず鵜呑みにする事にしています。

当然その時点では自分の中で全く消化出来ないわけですが、鵜呑みしたそのまま保留にして、決して忘れないように自分の意識の中に強く、深く、刻み込んでおくのです。


いつか来るその日の為に。



何だか話が大げさになってしまったように感じる人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。


このブログで度々言い続けている

「筆を持つ以前の段階での意識」

の一つとして、極めて、極めて重要です。

そしてそれは、改めて意識する必要などない程の「当然」として、自分の中に存在していなければならないものだと思うのです。



この話については今回で終わりにしようと思っていたのですが、どうにも自分の事として実感していただきにくいような気がしてならないので、次回はもう少し別の例を挙げて、この問題について考えてみたいと思います。

「え〜〜っ!?もういいよ〜」

とか言わないで下さいね(笑)


それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。
ラベル:書道
posted by 華亭 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック