2016年06月25日

『常用字解』第二版

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

--------------------------------------------------------
先日、こんな本を買ってみました。

常用字解 第二版 -
常用字解 第二版 -

この本、随分と前に篆書学習に必要な字書について紹介した時にも触れた事がありましたが、現在出ているのはそれの「第二版」という事で、内容が改訂されているようです。

実はこの本、自分用ではなく、小学四年生の息子用に買いました。

息子は以前から字の成り立ちなどに興味があるようで、調べたい事がある時には私の『字統』や『金文編』を好きに使って良い事にしてあるのですが、さすがに『字統』はまだ難し過ぎるらしく、息子が『字統』を使う度に、「これって何の事?」「これってどういう意味?」と、私が質問攻めにあってしまいます(汗)

そこで、ふとこの本の事を思い出し、ポチッてみたのでした。

結果から言うと、息子くん、こちらが期待していたよりも遥かに激しく喰い付いてくれました(笑)

「こういうの、前からずっと欲しかったんだよね〜!!」

それはそれはよかった(笑)


ところで肝心の内容ですが、『字統』に比べると良い意味でずっと簡易なので、一般的にはこちらの方がかえって適しているのだろうと思います。

今回は息子用なので敢えて最新の「第二版」にしました。

「第二版」は平成23年の「常用漢字表」に対応させる為に、「初版」に196字を追加してあるようですが、それが無いからといって、どうにもならないという事もないでしょうから、その辺り、気にならない人は、「初版」が古本で安くポチれます。

常用字解 -
常用字解 -


「『字統』は良さそうだけど、自分には難し過ぎそうで・・・」

と『字統』購入に気後れしている方は、一度書店でこの本(『常用字解』)の中身を見てみると良いかもしれません。

それではまた。
--------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

尚、「この草書で書かれた文の読み方を教えて欲しい。」「この古典の訳を教えて欲しい。」といった主旨の御依頼は受けかねますので、何卒御了承下さい。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

posted by 華亭 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
華亭先生 どうもご無沙汰してしまい、申し訳ありません。先生には筆硯ますますご清栄のご様子、ご同慶の至りに存じます。しかも、今回記事を拝見しましたら、ご子息殿には小学4年生にして、なんと常用字解を耽読していられるとのこと。いやア、実に愉快。末頼もしい!先ずは嬉しさのあまり取り急ぎ怱々 holy 拝
Posted by holy at 2016年07月02日 13:13
holy様
お久しぶりです。お変わりありませんか?

うちの息子、どうにも少々普通ではないようです(苦笑)
単なる親バカかと思っていたのですが、とある事情からとある検査を受けた結果、どうやら親バカならではの贔屓目だけではなかったようでして(汗)

まぁ、そんな事よりも、本人が楽しそうに読んでいるので、それが何よりかと。

『常用字解』、一般向けと甘く見ていましたが、改めて見てみるとそこは流石の白川氏、骨太の内容ですね。
Posted by 華亭 at 2016年07月05日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック