2014年02月14日

「正しい字」の不思議

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

私は普段教室で小・中学生も教えていますが、その手本を書く際、「正しい字」で書かなければいけません。

「そりゃそうでしょ」

と皆さん思うでしょうね。

ところがですねぇ。


実はこの「正しい字」というのが曲者なんですよ。


この場合の「正しい字」というのはあくまで「学校のテストで間違いなく〇をもらえる字」という意味です。

ところがその「正しい字」の内容たるや、字の成り立ちや書体・字形の変遷など一切無視した(としか思えない)、統一性のかけらも無いような摩訶不思議なものだったりするのです。

まぁ、結局のところお役所が決めたものですから、そんなものなのでしょうが、「それにしてもさぁ」なのです。

専門家の偉い先生だって携わっているのでしょうに、どうしてこんな事になってしまったのでしょうか?


基本的には私自身が小学生の時に学校で教えられた字を書いていれば大丈夫なんですが、私の思い込みで

「えっ!?そうなの?知らなかった(汗)」

という事が時々あるので、子供の手本を書く時にはこんな本を使ったりして確認しながら書いています。

小学生の新レインボー漢字読み書き辞典 第5版 [単行本] / 矢澤真人 (監修); 学研マーケティング (刊)

特に私のように長い間書を学んできた人間の場合、古典に出てくるような字形が染み付いていますから、知らないうちに「学校のテストで×になってしまう字」、つまりは「正しくない字」を書いてしまう事があるのです。

子供の手本でそれはまずいですよね。


例を挙げ始めたらキリがないのですが、先ずは漢字(楷書体)で例えば「天」の1画目と2画目の横画の長さについて。

「正しい字」では長いのは1画目という事になっています。

ところが、試しに何でも良いので書の字形字典を引いてみてください。

そんな字どこ探したって出てきません。(どれもこれも長いのは2画目です。)


他には例えば木偏、牛偏、手偏。

これらの中で、縱画の最後をはねなければならないのは手偏だけ、と学校では教わります。

しかし、これまた字形字典を引けば分かりますが、木偏も牛偏も元は殆どの場合はねてたんです。

手偏だけが「はねないと×」で、木偏や牛偏は「はねたら×」って何故ですか?


摩訶不思議な話は漢字だけではありません。

「う」「え」の1画目は止めます。

でも、「ふ」の1画目ははねます。

「う」「え」の1画目を「とめるべし」としておきながら、「ふ」の1画目は「はめるべし」とする理由、私にはまるで分かりません。


「こ」の1画目ははねます。

でも、「た」の3画目や「に」の2画目はとめます。

意味が分かりません(笑)


このように様々な箇所で(私にとっては)意味不明な正誤基準が存在するのです。


以前、この辺りの事情を知っている方と少しお話をさせて頂く機会がありましたが、どうやら現場(学校)からの「これはどっちが〇でどっちが×なのか、はっきりして欲しい。(でないとテストの採点時に困る)」という声に対して、その場毎に場当たり的な対応を繰り返してきた結果、今のような状態になってしまった、というのが真相のようです。


勿論文部科学省でも、ここで取り上げたような字形の許容範囲については、文字の持つ記号性を著しく損なう場合は別として、概ね認めています。(興味のある方は詳細な答申書がありますので御自身で検索して御一読を)

しかし実際の教育現場では、「う」や「え」の1画目は「とめるのが正しい字」として、「ふ」の1画目は「はねるのが正しい字」として教えている場合が殆どなのでしょうし、実際私の息子が使用している国語の教科書や、某大手通信講座の教材でも、この区別を明確にするべきものとして、内容が作られています。


私は何も「う」の1画目は絶対にはねるべきだ、とか言いたいのではありません。

現場の声として、はっきりとした正誤基準が存在していないと教えようがない、というのもよく分かります。

ただ、その正誤基準そのものが、あまりにも滅茶苦茶ではありませんか?

と言いたいのです。

個人的な本音としては、例えば「う」「え」の1画目ははねた方が自然に思えるんですが、「とめるべし」と言うならそれでもも構いません。

但し、それなら「ふ」の1画目も「とめるべし」とするべきでしょう?

仮に息子に「どうして『ふ』の1画目だけははねなきゃいけないの?」と訊かれても、私はその質問に対し、自分自身が納得した上で答える事など、とても出来ません。

皆さん、おかしいと思った事ありませんか?


と、この辺りの話、本当にネタは尽きないのですが、書いていて段々腹が立ってきた(愚痴の度合いが増えてきたともいう)ので、この辺で強制終了としておきます。

気が向いたらもう少し、別の回で別の例を挙げて書いてみたいと思います。


今回はいつにも増して話が散らかったままで申し訳ありませんでした。

それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

posted by 華亭 at 02:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
華亭先生
実は昨晩、先生が夢に現れまして、忘れないうちにその顛末をば、と筆を執りました次第。―どうも課題が進まないものですから、コメントを遠慮していましたところ、夢の中にて質問申し上げたものらしいのです。―「美文字」の回に話は戻るのですが、テレビ番組の方は一度見たことがあります。芸能人に課題をペン書きさせて点数をつけ、「美文字」度を競わせるものなのですが、私などから見るといづれも、どんぐりの背くらべ。ことさらに、一方を称揚し、他方をけなすほどのこともないレベルなのです。もちろん見た目の印象の優劣というものは、なにかしらはあり、そこが先生の仰る「持って生まれた造形に対する感覚」ということなのでしょうが。さて、そこで私が夢のなかで申し上げた質問。偏差値70の話が出ましたが、わたしも書道教室の親御さん同様、「持って生まれた造形に対する感覚」が鈍いのか、いまだに「蘭亭序」のどこがよいのかさっぱりわからない、と愚痴めいたことを話してしまったものらしい。そこで先生の夢告。「挑戦し続けなさい」と厳かに託宣をくださいまして、夢がさめました次第。なんとも要領を得ない話なのですが、御無沙汰のお詫びまでご報告しました次第。東京は朝から雪ですが、くれぐれもご自愛願います。
Posted by at 2014年02月14日 13:00
追伸 実は、正月明け、勤務先関係幼稚園の卒園証書名前書きを依頼されまして、そこでもっぱら一月は、幼児教育用テキストを参考にひらがなの練習に励みました。そうしましたら本日アップのブログに、先生もその手の参考書を使って指導していらっしゃるとおききしビックリしました。やはり郷に入れば郷に従えということなのでしょうか。それにしても、筆文字風に書いてある児童用テキスト、あれはどう考えても、実際の筆使いでは無理と思うのですが、いかがでしょうか。
http://happylilac.net/hiragana-rensyu-3.pdf
一か月苦悶して音を上げましたもので、よろしければ御教示願います。
さて、先生のブログにありましたトメハネの問題ですが、諸橋漢和の実質的編集委員の原田種成翁も御著書「漢文のすすめ」のなかでお怒りでした。活字体と筆記体の区別もつかないものが、トメハネの裁量で生徒を惑わし教師づらするなと。今でも、問題は変わっていないと驚きました次第。holy拝
Posted by holy at 2014年02月14日 13:23
holy様

コメント有難う御座います。

夢にまで押し掛けるとは何とも申し訳なく思います(笑)

蘭亭の話と子供の字の話、長くなりそうなので別途メールで回答させて頂きますね。

Posted by 華亭 at 2014年02月16日 16:32
意味不明なコメントをしてしまい、どうもすいませんでした。老いの将に至らんとするを知らず、と豪語した孔子さまにして、周公を夢に見なくなってからというもの、いよいよ自らの老齢をお嘆きになりました。我が夢に先生が現れましたこと、まだまだ若いのかなと素直に喜びましてコメントしてしまいました次第。蘭亭に関しましては、書道入門書の類には必ず最初に登場するのですが、いまだによさがわからず、そこでついつい夢にて相談したものらしいのです。もとより蘭亭については厄介なシロモノであり、初学の者には手におえないと貴ブログで仰っているのですから、気にする必要もないのですが。全く「手も足も出ない事の前に」であります。取り急ぎ御礼まで。holy拝
Posted by holy at 2014年02月17日 11:36
holy様

遅くなりまして申し訳ありません。

メールの方に回答させて頂きましたので宜しくお願い致します。

Posted by at 2014年02月17日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック