2007年03月09日

張猛龍碑

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

今回は『高貞碑』の中でも度々名前が挙がった『張猛龍碑』を取り上げましょう。

テキストは今回も二玄社『中国法書選』を挙げておきます。

何から始めれば?楷書の場合」の回でも書きましたが、私はこれを『九成宮醴泉銘』『孔子廟堂碑』の後にやりました。

随分とやりました。

始めたばかりの頃は、『九成宮醴泉銘』や『孔子廟堂碑』のような折り目正しい姿のものとは全くと言ってよい程に異質な造形感覚にとても戸惑った事を覚えています。


一見すると、字画同士の力の均衡が取れないまま崩れてしまっているかのように見える字も多くあります。

ところが臨書を続けていくうちに、崩れているかのように見えたものが、実はしっかりと踏みとどまっていて、と言うよりも、

「そのバランスでなければ成り立たない。そしてそのバランスだからこそ美しい姿なのだ。」

という事が分かってきたのです。

その事に気付いてからは面白くてたまらなくなり、この碑にすっかり魅了されてしまいました。


話が少し逸れますが、一見簡単そうに見えたり単純そうに見えるものや、一見下手に見えるもの(というのもおかしな表現ですが)というのは、実際に自分で臨書(当然形臨ですよ)してみると、本当はそうではないという事がすぐに良く分かります。

何故なら、自分で臨書してみたものは明らかに下手なので(苦笑)、見比べて見るまでもなく

「なるほど・・・簡単そうに見えても実際にはそうはいかないな・・・」

とか

「う〜ん・・・本当の下手とはこれの事だよなぁ・・・」

と、自分の書いたものを見て嫌と言うほど実感出来るからです(笑)


さて、この『張猛龍碑』、これまでこのブログで取り上げてきたどの楷書よりも右上がりが強く、その分だけ、左への「前のめり」が強くなっています。

最初は右上がりの角度に慣れるだけでもなかなか大変かもしれませんが、この点は極めて重要なポイントですから、何が何でも体に叩き込んで下さい。


先にも書いたように、字画同士の力の均衡の取り方が、初唐の『九成宮醴泉銘』などとは異なりますから、ちょっとやそっとでは体に入ってこないかもしれませんが、この碑で四苦八苦しておけば、龍門系などを臨書する時に途方に暮れるという事にならずに済むと思います。

拓本を臨書する際に必ずついて回る「不明瞭な部分」の扱い方や、「筆法と刻法との絡み合い」といった問題も含めて、この碑で十分に苦しんでおく事は、決して無駄にはなりません。

高貞碑』の回でも書きましたが、この碑をやった後に『九成宮醴泉銘』や『孔子廟堂碑』を臨書しなおしてみると、それまで見えていなかった部分にあらためて気付く事が出来るでしょう。


今回はここまで。

それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:書道
posted by 華亭 at 16:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 臨書のすすめ 楷書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>拓本を臨書する際に必ずついて回る「不明瞭な部分」の扱い方や

不明瞭な部分はどうしたら良いのでしょうか?
少し欠けているのは、欠けていない同じ字を参考にしていますが、半分以上消えているのは困っています。
Posted by まり at 2008年09月10日 21:21
まりさん、こんばんは。

コメント有難う御座います。

これについては話が臨書の範疇を越えてしまい、細かく話すと非常に長くなりそうですので、出来るだけ簡略に。

先ずは、
「分からないものは飛ばしてしまう」
というのも、一つの態度だと思います。

特に初学者の場合(まりさんの場合は分かりませんが)、分からないものについて悩む前に、はっきりと分かるものをしっかりと書く、という態度の方が、学びやすいでしょうから。

但しこれでは回答にならないでしょうから、その先について考えてみましょう。

一言で言うと、「どのように書いてあるのか、その『幻』を可能な限り想定する」という事だと思います。

その為に何よりも先にやるべき事は字書を引いてみる事でしょうね。(とは言っても『五體字類』程度では役不足ですが。)

字書にその碑のその字が載っていたとすると、その碑のどこか他の箇所にも(形は違えど)同じ字が出てくるか、もしくはあなたが使っているテキストの底本とは別の拓本からその箇所を採ったか、その何れかという事になります。

何れにせよ、想定する際の最も直接的な参考になる筈です。

せっかく引いたのですから、その碑とほぼ同時代の他の例についても見ておきます。

そうすると、その時代特有の字形が浮かび上がってきたりしますから。

『張猛龍碑』でしたら、六朝系のものは見ておくべきでしょう。

ここまでの過程で全く「幻」に近付けないのでしたら、似たような姿の字を、それが無理なら一部分だけでも引いてみます。

例えば草冠の付く字を探しているのであれば、草冠の付く他の字の場合をあれこれ見てみる、といった具合です。

そんな事をしながら臨書を続けていると、少しずつ、
「この碑ならここはこういう感じになっているのではないか」
といった具合に想定出来るようになっていくものです。

それでもどうにもならない場合には、それこそその字は飛ばしましょう。

字書をあれこれひっくり返してみたりするような事は「書く」という行為とは直接の関係など無いように思う人もいるかもしれませんが、こういった手間をかける事の蓄積が、結果として、その碑に対する理解を深め、更には書に対する理解を深めていく事につながるのだと思います。

その意味では、こういった部分をも含めて「臨書」と呼ぶべきなのでしょうね。

簡略のはずが十分に長話になってしまいました(苦笑)

すっきりしない場合には改めて御質問下さい。

御質問自体や私の回答が長くなりそうな場合には、メールとしていただけましたら出来るだけ詳細に回答させていただけるのですが、メールに抵抗感があるようでしたら、今後もコメントを御利用下さい。
Posted by 華亭 at 2008年09月11日 02:19
華亭さん、丁寧に説明していただき有り難うございます。
よーくわかりました。
不明瞭なのは8割方とばして、2割ぐらい気が向いたら字典で調べたり、同じ時代の字を参考にしたりもしていましたが、本当にこれでいいのか?と疑問でしたので、スッキリしました。
ただ、「張猛龍碑」は不明瞭部分が多過ぎですね。何度も臨書して、少しずつ調べて、いつか不明瞭な部分も全部書けるようにしたいと思います。
Posted by まり at 2008年09月12日 13:19

まりさんこんばんは。

少しはお役に立てたようですね。

どこまで調べるか?
という点については、その時点で自分が気になる範囲+αくらいに考えておけばよろしいのではないでしょうか。

自分が気になる範囲までということですと、ついつい
「ん〜、飛ばしちゃえばいいか」
ということになりがちです。(そんなのは怠け者の私だけかもしれませんが(笑))

ですから、自分が気になる範囲プラスあと少しだけ頑張ってみる、くらいに考えておくと、字書を頻繁に引く事が苦痛になり過ぎず、自分の為にもなるのでは、と思います。

これまたやはり自分自身のペースを見付ける事が大切ですね。

それではまた。
Posted by 華亭 at 2008年09月16日 02:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック