2007年02月22日

高野切第三種

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

今回は話を「臨書のすすめ」に戻しましょう。

「高野切第三種」(以下「第三種」と記述します。)

今日はこれです。

テキストはいつもどおり二玄社『日本名筆選』を挙げておきます。


「え〜?第一種じゃないの?」

と思われる方も多いとは思いますが、敢えて「第三種」を先にします。


「第三種」は前に取り上げた「粘葉本和漢朗詠集」(以下「朗詠集」と記述)と同筆とされ、実際よく似ていますので、「朗詠集」をやった後であれば、何の違和感も無く取り組めると思います。


「朗詠集」の回での話とちょうど反対になりますが、この「第三種」の方が天地間をのびのびと使って書かれているので、連綿なども「朗詠集」で見られるような控えめなところがありません。

仮名としては右上がりが強めの部分があるというところが特徴と言えるかもしれませんが、全体的には非常に癖の少ない書です。

「癖の無い」という表現をしましたが、いつも言うとおり、一見単純に見えるものほど、その奥は深いものがありますので、くれぐれも甘く見ないようにしましょう。


特にこの「第三種」には、草書を含めてほとんど漢字が出てきませんので、

「何だか平坦でつまらない」

といった印象を持ってしまう人もいるかもしれませんが、それは自分の目が節穴である事を自ら証明しているようなものです。


この線の響きの凛とした強さはとても一朝一夕で出せるものではありません。

ここで鍛えた線の響きは、他の古筆を臨書するにしても、自ら創作するにしても、必ず役に立ちます。

と言うよりも、いっその事、

「それ無しには何を書いても全くの無駄だ」

と思い込んでしまった方が、今後の間違いが無くて良いかもしれません。

字形は「朗詠集」同様、仮名の典型中の典型とでも言うべきものですから、体に刻み込んでしまうくらいのつもりでいきましょう。


そもそも「癖が無い」とか「典型」とかいうのは、我々のような後の時代の人間が考えたセリフであって、当然の事ながら、この書が書かれた当時から「癖が無い」とか「典型」とか言われていたわけではありません。

「典型」というとすぐに、色々なものの中から最大公約数としての要素を抽出して再編成して組み上げた「当たり障りの無いもの」というようなイメージを思い浮かべてしまうのかもしれませんが、事実は全くの反対です。

数多ある古筆中、隅々まで見渡した上で、その中心で唯一無二の輝きを発するほどの書であるからこそ、「典型」となり得たのです。

もしもこの書を平凡とか退屈などと感じてしまうとしたら、見る側の目こそが平凡であり退屈なのだと思います。


さて、最初はやはり拡大した臨書から始めた方が良いでしょう。

いつもながらの話ですが、その方が微細な部分にまで目が行きやすくなりますし、自分の臨書の欠点にも気付きやすいですから。

言うまでもなく形臨です。

寸分違わず書けるようになるつもりで臨みましょう。


ある時、仮名の大家と呼ばれる先生が、

「定規、分度器、拡大鏡、正確に臨書する為になら何でも使え。」

と言ったそうですが、この話は決して大げさなものではありません。

そのくらいの意気込みで取り掛からなければ、いつまで経っても上達は望めません。


話は今回に限ったものではありませんが、仮名のように微細なものを原寸大で臨書する場合、最初のうちはテキストをコピーしたものをなぞり書きするのも有効な練習方法です。


「え〜!?なぞり書き?」

と思うかもしれませんが、初学者の場合、仮名のように微細なものを原寸大で臨書しようとしても、最初は同じ線の太さや字の大きさで書こうとするだけでも至難の業でしょう。

また、太さも大きさも全く再現出来ていないにも関わらず、自分では書けたつもりになっていて、その違いに気が付いていない、という場合も少なくないはずです。(この話に全く心当たりが無いと思っている人ほど、実は一番怪しいですから気を付けて下さいね。)


そこでなぞり書きです。

なぞり書きをすることで、原寸の太さや大きさをいち早く体で感じる事が出来るのです。


「なぞっていいのなら、誰にだって書けるでしょ」

と思ったあなた。

それは違います。

実際の話、書けない人はなぞってみたところで全く書けません。

悲しくなるほどに書けません(苦笑)


勿論、ある程度慣れるまでの練習方法なので、いつまで経ってもなぞり書き、というのでは困りますが、

「自分はこれまで随分と臨書を重ねてきたから」

と思っている人でも、やってみると新たな発見がたくさんあるはずですから、是非一度お試しあれ。


「第三種」は「朗詠集」に比べれば分量が少ないので、全臨するのにも比較的短い期間で出来るはずです。

一度や二度の全臨ではなかなか話になりませんが、まずは一度、じっくりとやってみましょう。


今回はここまで。

次回は何の話にしましょうか。

それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:書道
posted by 華亭 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨書のすすめ 仮名 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック