2012年01月06日

独り言(負け惜しみ)

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

「書に関するブログでありながら、これ程までに肝心の書の画像が出てこないブログなど、他には何処を探しても無いだろう!」

と、妙な自負を持っているブログへようこそ。


最近こんなサイト(にほんブログ村)の「書道」のカテゴリーを怖いもの見たさで(よせばいいのに)覗いてみました。

するとまぁ、たくさんありますねぇ(汗)


個々の内容については触れませんが、とにかくい〜っぱいあります。

しかもそれらのブログのどれもこれもが画像が豊富(笑)


「それに比べて…」

という意味も含めての今更ながらの冒頭の感想(負け惜しみ)なのですが、それではこのブログでは殆ど画像を使う事もなく一体どのような話をしてきたのかと言えば…


早い話が「お説教」ですね、こりゃ(笑)

このブログを改めて読み返してみると、よくもまぁ、こんなにも理屈っぽいお説教の数々をあれこれと書き連ねたものだと我ながら感心しますが、こんなにお説教ばかりでは読んでいる側は面白くないですよねぇ。

画像が山程あると思いきや、ひたすら小篆千字文ですし。


『集字聖教序』とか『高野切』とかいった検索でやって来た皆さんにとっては、何とも期待外れのブログだったに違いありませんし、一瞥しただけでニ度と訪れない人の数の方が遥かに多いのだろうとも思います。


ですが。

間違い無く、私は私が伝えたい事だけを書き続けてきたのだとも思います。

書を学んでいる人達(特に初学者)にとって、無駄な記事は一つとして書いてこなかったと思っていますし(「拍手」の回だけは余談過ぎたかな?)、安易な自己満足の垂れ流しにだけは背を向け続けてきました。


そんな頑固な思いを持ってこれからもこのブログを続けていきたいという気持ちは今も変わりません。(ならアップ率をもう少し上げろよ、と言われそうですが…)


それにしても、色々読み返していると、今の自分が思っていたよりもずっと、私自身このブログをとても真面目に、そしてある種の熱意を持って続けてきたという事に改めて気付かされました。

特に「考え方」のカテゴリーにある記事にはその傾向が強いですね。

数々の話の中から一つでも、興味を持ってじっくり読んで下さる人がいてくれたら。

心からそう思います。


好んでこのブログの読者になるような皆さんはある意味では特異な人達だと思いますが(失礼)、このブログの場合、それこそ相性というものがあるでしょうから(「相性」の回参照)、結局いつまで経っても読者は増えないのでしょうね(笑)

「出来るだけ一般論として成立するような内容」を目指してきたつもりが、結果として、対象となる読者層を「広く浅く」ではなく「狭く深く」といった傾向に限定してしまったのかもしれません。

それでは目指したものと正反対ですが、仕方が無いですね。


え?

ランキングに参加しないのかって?

しませんよ、勿論(笑)


というわけで、遅くなりましたが新年の挨拶代わりの独り言でした。

今年も宜しく御願い致します。

皆さんにとって、今年一年が実り有る年でありますように。

それではまた。


----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:書道 通信添削
posted by 華亭 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック