2006年09月12日

前回の補足

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

前回、『九成宮醴泉銘』について話しましたが、このブログを読んだ私の弟子から

「先生、いきなり『筆圧を一定に』って言われても、みんなよく分からないと思いますよ。それに稽古の時と同じ調子にあんまり皮肉っぽく話すと、読者に嫌われますよ。」

と指摘されてしまいました(苦笑)

素直に反省して、前回の補足です。


「筆圧を一定に」

というのはどういうことなのか?


サンプルを用意しました。

サンプル

単なる横画ですが、上と下とでは線が全く違います。

結論から先に言えば、下の線が「筆圧を一定に」保ったまま引いた線です。

次のサンプルを見て下さい。

サンプル

先のサンプルを裏から見たものです。

下の線は起筆部から送筆部、そして収筆部まで、同じように墨の色が裏側にまで達しているのが分かると思います。

一方、上の線は、墨の色が裏側まで達しているのは起筆部と収筆部だけで、送筆部の色が薄くなっているのが分かるでしょう。

つまり、送筆部の筆圧がすっぽ抜けてしまっているために、裏側にまで墨が達していないのです。

みなさんも自分で書いたものを裏側から見てみましょう。

線全体の墨がしっかりと裏側にまで達していますか?


もしも送筆部の色が薄くなってしまっているような場合には、送筆の速度をゆっくりにして、尚且つ一定にしてみましょう。

最初はどれほど線が震えてしまってもかまいません。

線が震えてしまうことを嫌うあまりに、速度を上げる事で線の震えを解消しようとする人が多いですが、それでは根本的な解決にはなりません。

見る人が見れば、線がすっぽ抜けてしまっているのは一目見れば分かります。

先ずはしっかりと一定の筆圧をかけられるように練習して下さい。


これは楷書に限った話ではありません。

「基本って何?」の回でも書きましたが、篆・隷・行・草・楷・仮名・ペン字、凡そ字を書くこと全ての根底にある一番重要な基本です。

基本ではありますが、ちょっとやそっとで体得出来るものではありません。

焦らずじっくりと取り組んで下さい。

詳しくは「基本って何?」の回をお読み下さい。

それではまた。


二玄社『中国法書選』

二玄社『原色法帖選』

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。
ラベル:書道
posted by 華亭 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨書のすすめ 楷書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック