2006年09月10日

臨書のすすめ

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

このブログを始めた時、どんな内容にするかは深く考えずに、タイトルどおり

「のんびりと書道の話でも書いてみよう」

くらいの軽い気持ちで始めました。

その後、他の人が書いている書道関係のブログを色々と読んでみると、教室に通ったりはせずに、自分一人で勉強している人がたくさんいることを知りました。

「書に興味があるけど、教室に通うのはどうも・・・」

という人がいるのも当然だと思いますし、そういう人にこそ、このブログを読んでもらえたら嬉しく思います。

そこで、最初の予定では考えていなかったことを始めてみたいと思います。


「臨書のすすめ」


臨書とは古典名蹟を手本にして行う練習方法のことです。

初心者の人の中には、臨書を軽く考えたりおろそかにしている人も多いですが、臨書とは極めて重要です。

「何だか遠回りをしているみたい」

と感じる人もいるようです。


教室に通うことなく一人で進める勉強の場合、一番の問題となるのが、

「視野が狭くなる」

という点です。

今の自分にとって何が足りないのかを客観的に判断する目が無いことによって、視野の狭い価値観のまま、勉強する範囲までが極めて狭く偏ったものになってしまいがちです。


そこでここでは篆・隷・行・草・楷・仮名の各体にわたって、臨書というと必ず取り上げられるであろう名品について、少しずつ紹介していきたいと思います。

ここで取り上げるものについては、初心者が好き嫌いを問題にするべきようなものではありません。

好き嫌いに関わらず

「必ず通るべき道」

とでも言うべきものですから、

「自分の好みには合わない」

などという理由で避けて通ろうとすることは、単なる「逃げ」だと思って下さい。


テキストとしては、現在最も普及していて最も入手しやすいと思われる

二玄社『中国法書選』

二玄社『日本名筆選』

をもとに話を進めますが、それに限定するわけではないので、もしも既にお手持ちの影印本があれば勿論それで問題ありません。


今回は前置きだけで終わりにします。

次回は楷書。

「楷法の極則」と呼ばれる『九成宮醴泉銘』です。

それではまた。



----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。
ラベル:書道
posted by 華亭 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨書のすすめ 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック