2011年09月12日

ひとりごと

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

毎日を丁寧に生きる。

言葉にするのは簡単ですが、いざ本当に実践しようと思うと、とても難しいですよね。


様々な現実に忙殺され、種々の雑多な用件に押し潰さながら、その日1日を何とかこなすだけ。

と言うよりも忙殺されている事を言い訳にして、何とかこなすだけの雑な日々に流されるように過ごしてしまっている、と言った方が正直かもしれません。


その結果、

「また今日も何となく終わっちゃったなぁ…いかんよなぁ…」

という自責の念に苛まれる事になります。


色々な意味で中途半端な自分の現状に嫌気がさし、

「このままじゃいかんよなぁ…何とかしないと…」

と、気持ちばかりは焦ってみるものの、様々な現実に忙殺され…

と、見事なまでの悪循環。


私のような仕事は特に仕事と生活のメリハリが付けにくいので、一度この悪循環に陥ると、それこそ四六時中

「何とかしなくちゃ…」

といった強烈な焦燥感に追い立てられ続ける事になりがちです。

意識の歯車に砂が噛んだような感覚に苦しめられ、正直なところ、仕事のクオリティを維持する事が出来ません。


そんな悪循環から抜け出すには、自分自身の意思で重い腰を上げ、目の前にある今の自分にも出来そうな事から、ほんの少しずつでも始めてみる、という余りにも当たり前な方法以外にはないのでしょうね。(ホントはもう一つ、「全てを放り出す」という方法もあるのでしょうが、とりあえず今は却下です。)


このブログでも時々書きましたが、私は元来怠け者です(笑)

今の私にはワーカホリックじみたところが少なくありませんが、怠け者がワーカホリックになったところで、根が怠け者なのですからその程度などたかが知れています。

しかも子供の時から、あれこれ考えるばかりで二の足を踏んでなかなか行動に移す事が出来ず、そのくせ自分のペースを崩される事を極度に嫌うといった厄介な性分です。

尤も自分のペースを崩される事が好きな人などいないわけで、その意味では私はやはり甘えているのでしょう。


いっその事、更に心身共に自分を追い詰めてしまえば、嫌でも歯を喰い縛るより仕方が無くなるのは分かっています。

分かってはいるのですが、そんな方法もとうに限界を越えてしまっている感じで、最近ではなかなか上手くいきません。


さぁ、どうしましょ?(苦笑)


1日24時間、これは誰にも等しい事実です。

24時間を増やすわけにはいかないのですから、あとはその内容を濃くしていくしかありません。

もっと贅肉を削ぎ落としたような24時間を目指さなければなりません。


私はいつも安易に睡眠時間を削る事で時間を捻出しようとしてしまうのですが、決して褒められた話ではありませんね。

慢性的な睡眠不足が心身の疲労を蓄積させ、それが仕事の効率の低下を引き起こし、結果、仕事が片付かないので更に睡眠時間を削ってこなす事になり、睡眠不足が上乗せされて、という、これまた見事なまでの悪循環です。


改めて日々の時間の使い方について省みると、反省すべき点が幾つも見付かります。

悪循環の鎖を断ち切る為に、この辺でどうにかしなければなりません。


丁寧に生きる為に。


今夜は十五夜です。

秋の夜長、自分の時間の使い方をじっくり見直してみるのも良いかもしれませんね。


ところで、どなたか毎晩の献立、私の代わりに考えて頂けませんか?(午前中のうちに作りおきしておけるメニュー限定)

それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:書道 通信添削
posted by 華亭 at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日食べたメニューをカレンダーに書いておくと良いです。1ヶ月経ったら、また1日からそれを繰り返します。もう一生メニューに悩みません (?) 。

それで、自然に、何か別の物が食べたいなーと思ったらそれを作れば良いです。何を食べようかなどという事に時間を使わないで。

なので、最初の1ヶ月はよくよく考えて、栄養が偏らないようにバラエティーに富んだメニューで、食材の使い回しも考えて、作り置きの点も考えて。と言うと、ちょっと面倒なようですが、まずは記録していくだけでも有効で、後々メニュー改良をしていけば良いです。

去年 (2011年) の9月頃から自分で書道を練習し始めました。そもそも鉛筆でもヘタなんですから、筆字はそりゃあひどいものです。が、まだくじけずに続けています。今後とも貴重なお言葉 (メモしてます)よろしくお願い致します。

Posted by nojio at 2012年05月27日 07:46
nojio様

大変御丁寧なコメントを頂き、有難う御座います。

「作りおきのメニュー」に関してコメントを頂けるとは、しかもこれ程丁寧なコメントを頂けるとは正直思っていませんでした。

記録しておく方法、成程です。実は私も以前同様の事を考えてみた事がありましたが、なにせ怠け者なので(苦笑)、実行には移しませんでした。

> まずは記録していくだけも有効

この辺りからなら、私にも出来そうです。

本当なら作りたてが一番なのは言うまでも無いのですが、現実問題なかなかそうもいかず、仕事の隙をみて作っておくしかないので、毎日何をどの隙を使って作るかを考えるのに心底うんざりしてしまい、自分は朝も昼も食べない事が殆どになってしまいました。

「身体があまり丈夫ではない妻の代わり」というのが私の食事の支度に於けるスタンスの前提なので、あまりに頑張り過ぎてしまっても却って妻を苦しめる事になってしまう、という微妙な状況もあり、なかなかすっきりとした解決策は見つからないのですが、妻にこっそりとでも、記録をとってみようと思います。

> 貴重なお言葉よろしくお願い致します。

「貴重」などとは恐縮です。しかもメモを取られているとは驚きました。只の思い付きの書き散らしブログですよ(汗)

> そもそも鉛筆でもヘタなんですから、筆字はそりゃあひどいものです。

鉛筆だけ上手になろうとしても無理、というのが私の持論ですので、nojio様のペースで筆を持ち続けて頂けたらと思います。

アップ率の低さはなかなか改善出来そうにありませんが、また覗きにいらっしゃって下さい。

メニューの件、本当に有難う御座いました。

Posted by 華亭 at 2012年05月28日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック