2009年12月31日

1年間を振り返って

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

年内のアップはこれが最後になるので、今回は今年1年間を振り返ってみましょう。

皆さんにとって今年はどんな1年間でしたか?

勿論話は書に関してですよ。


私はですね。

前半は「小篆千字文」を頑張って終了させたので、それがささやかな充実感として残っていますが、後半がいけませんでしたね〜(苦笑)


今年の最初には

「古筆の勉強に力を入れる」

という目標を立てていたのですが、結果として全く駄目でした。


「忙しくて時間が無かった」

という言い訳は使わない事にしていますし、実際全く時間が無かったというわけではありませんので、早い話が私が怠けたという事でしょう。


私的な面で様々な事が次々と重なり、心身共に仕事に集中出来るような状態ではなかった、という言い訳もあるのですが(苦笑)

色々あるのは誰しも同じ事、私だけが大変だったわけではないですからね。

やりたい事、やるべき事が山積していてそれを考えただけで気が滅入りそうですが、来年は少しずつでもそれらに取り組んで一歩一歩進んでいけたらいいな、と思っています。


書の世界がとても深いものだという事など、今更私がここで改めて言うまでもない事ですが、深いと同時にとてつもなく広いというのもまた一方の事実です。

ある一点を深く掘り下げていく為には、その準備段階として、掘り下げる為の前提となる広大な範囲についての理解や技術的体得が必要不可欠になります。

話が天地逆さまになりますが、積み木を積み上げる事に例えるとすれば、一番下の段を可能な限り広く隙間無く並べておく方が、結果として高く積み上げる事が出来るというのと同じ事です。

その為には地道な労力とそれに伴う時間が必要となりますが、その労力を費やす手間を、今年後半の私はサボったんですね。


困った事にそれに同調するかのようにブログのアップまでサボってばかりでしたから、このままでは只でさえ少ない読者数が更に減ってしまいそうです(苦笑)


今も心身共に本調子には程遠いのですが、そんな今の私にも出来る事はいくらでもあるはずです。

それから目を逸らしてしまう事なく、逃げずに取り組んでいきたいと思っています。


さて、今年もこの地味で退屈なブログにお付き合い頂き有難う御座いました。

また来年も「のんびり」続けていきたいと思いますので、宜しくお願いします。

それではまた来年。

良いお年を。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:通信添削 書道
posted by 華亭 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック