2009年01月01日

一年の計

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年も「のんびりと書道の話」を宜しくお願いします。


今日も帰省先からのアップです。

さて、今日は元日、皆さん「一年の計」とか考えましたか?

ここでの話ですから、書に関する事についてですよ。


因みに、昨年最後の記事にも同様の事を書きましたが、入選するとか昇級したいとか、その手の話ではなく、自分自身が一歩でも前に進む為に何をするのか、何をしてみたいのか、という話です。


私はですねぇ。


とりあえず、『小篆千字文』を頑張って終わらせなければいけませんね(笑)

その他には、今年は少し仮名を頑張ってみようと思っています。

以前何処かで書きましたが、普段の私は作品を含め、漢字を書く事が多いので、仮名はついつい後回しになってしまいがちです。

ですから今年は意識して仮名を優先させて、古筆の臨書を頑張ってみたいと考えています。


と、この程度のざっくりした「一年の計」であれば、皆さんも考えているかもしれません。

しかしです。

人間この程度の「計」では、何一つ実現しないうちにあっという間に一年間過ぎてしまいますよ(笑)

ですから大事な事は、このざっくりとした話をどれだけ具体的な話として具現化していく事が出来るかどうか、だと思います。


「何もしないうちに大晦日」

なんて事にならない一番簡単な方法はと言うとですね。


例えば「臨書を頑張る」というのなら、一日も早くさっそく明日にでも、いや、今夜にでも、臨書してみたい古筆や古典を決めます。

そして、ここからが大事なところですが、決めたらその場で半紙一枚分だけでも、一文字だけでもいいから実際に書いてみる、つまり、

「とにかく始めてしまう」

のです。


「何もしないうちに大晦日」

というのは、言ってみれば

「やろうやろうと思っているうちに、何もしないまま大晦日」

という場合が殆どの筈ですから、とにかく何でもいいから最初の一歩を踏み出してしまうのです。

最初の一歩さえ踏み出す事が出来れば、後はその勢いで結構いけるものですよ。


「でも三日坊主って事もあるだろう?」

と思うかもしれませんが、それは最初から飛ばし過ぎるからです(笑)


「とにかく始めてしまう事。但し、最初から飛ばし過ぎない事。」


これを頭において、皆さんも皆さんなりの「一年の計」を考えてみては如何でしょうか。

決して無駄にはならないと思いますよ。


という事で、私は今年も「のんびり」といきますね。

それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:書道
posted by 華亭 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック