2008年11月29日

倣書

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

----------------------------------------------------------

皆さん、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーって御存知ですか?

自分で小篆の千字文を書く事にしてから、あれこれあちこち参考になりそうなものは無いかと探しているうちに、先日そこで偶然こんなものを見付けました。

漢篆千字文

西川春洞による書です。


春洞翁と言えば明治、大正を代表する書家の一人であり、西川寧氏の実父である事は誰しもが知るところですが、その書が徐三庚からの影響を強く受けていた事でも有名です。

そこでこの『漢篆千字文』ですが、この書、徐三庚風などといった生易しいものではありません。

パソコン画面上ではありますが、その書を暫く見ていた私は背筋が冷たくなりましたよ(苦笑)


「徐三庚の風を倣って」

と言葉にするのは容易い事ですが、それを実際にここまでやり通すなど、頭で考える程簡単な事ではありません。

この書を「倣書に過ぎない」と批判する事もこれまた簡単な話です。

しかし、この書の前では、そんな通り一編の批判など、何の力も持たないように感じます。


書を学ぶとはどういう事なのか?

この書の中にはそれに対する1つの答えがあるのではないでしょうか。

そしてこの書は、その道のりには決して近道など無いのだという事を、無言のうちに我々に教えてくれます。

更には、今日の我々が「一家を成す」という言葉の下にいかに安直に事を急いているのかという事を、「個性ある表現」やら「芸術」やらという言葉の下にどれ程自堕落な自己陶酔に浸っているのかという事を、厳に戒めているようにすら思えるのです。


このような書は今となっては誰も見向きもしないのかもしれませんが、その一方で、このような姿勢が今日余りにも忘れさられているというのも、これまた事実なのではないでしょうか。


皆さんが日頃「書」だと思っているものも確かにその一部ではあるのでしょうが、その一方、ここにあるのもまた紛れもなく「書」なのであり、どちらがより書の本質とでも呼ぶべきものに近いのかを考えると、「倣書」の一言で片付けてしまわれかねないこの春洞翁の書こそが、そうなのだと私には思えるのです。


春洞翁が亡くなったのは寧氏が中学生の時だったと記憶していますが、後に自らを「趙家之狗」と呼んで憚らなかった寧氏の趙之謙への傾倒ぶりを思う時、父親(春洞)から書の手ほどきなど殆んど受けなかったという寧氏の中に、春洞翁の血は間違い無く受け継がれていたのだと感じずにはいられません。

それは書風がどうのこうのなどといった表面上の話ではありません。

書との関わり方の話です。

自分自身の中に於ける書の「密度」とでも言えばいいでしょうか。


書の世界とは海の如く余りに広く深く、私などはその波打ち際でチャプチャプ水遊びをしているに過ぎないのでしょう。

彼等親子は目指す場所こそ違えど、同じような広さや深さを体感していたのだと思います。


その広さや深さを想像するくらいの事なら、こんな私にも許されるでしょうか。


この書を見てから自分の書いた千字文を見直してみると・・・

何だか悲しくなりますね(苦笑)

それでも、だからと言ってそこで止まってしまっては、いつまで経っても波打ち際でチャプチャプする事しか出来ないのでしょうから。


凹んでいる暇などありませんね(笑)

頑張ります。


それではまた。

----------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。

ラベル:書道
posted by 華亭 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック