2015年10月31日

「手本そっくりに」というお題目。

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

--------------------------------------------------------

随分と前に「形臨をすすめる理由」の回でも同様の事を書いていますが、私は普段の教室でも通信添削でも、

「とにもかくにも手本そっくりを目指してください。」

と繰り返します。

と同時に、

「結果としてそっくりに書けなかったとしても、気にする必要はありません。」

とも話します。


これだけ聞くと矛盾しているようですが、そうではありません。

「とにかくそっくりに」という本当の目的は、「そっくりに書けるようになる事」なのではなく、「そっくりに書けるように精一杯努める事で、書く際に必要な様々な感覚を磨く事」にあります。

そっくりに書けるように精一杯努めるその中で、四苦八苦し、悪戦苦闘する、その過程こそが、自身の感覚を磨いてくれるからです。

なので、その時点の結果として、手本とそっくりに書けなかったとしても、それは仕方がない事ですし、大した問題でもありません。

だからこそ、

「結果は気にする必要はありません。」

という話になるのです。


ところが、こういった話をすると、時々「手本そっくりに書けなかったとしても大した問題ではない」という部分のみを捉えてしまう人がいます。

「そっくりになんて書けなくてもいいんだ。」

という短絡的な捉え方です。


このような捉え方をしてしまう人の場合、こちらの真意は横に置いたまま、

「そっくりに書こうとする必要などないんだ」

と、曲解してしまいます。

結果、

「そっくりに書けるように精一杯努める」

という、感覚を磨く為に一番肝心な過程がすっぽりと抜け落ちてしまうのです。

これでは「そっくりに書けるように精一杯努める」からこそ磨かれるはずの様々な感覚は、当然の事ながら磨かれてなどいきません。


そもそも、「手本そっくりに」というのは、初学者の皆さんに「出来る限りの事をする」という意識を目一杯高めてもらうために掲げている言葉です。

換言すれば、「何となく」といった曖昧な意識を、その時点毎に出来るだけ払拭してもらうためのお題目なのです。

皆さんとしても、ただ「手本をよく見て書きましょう」と言われるより、「そっくりに」と言われる方が手本に向かう意識が高くなりませんか?

勿論、「そっくりに」と言うだけではその内容に一切の具体性がありません。(私が最も嫌いなパターンですね。)

ですから、実際の指導では、「それならどうすればそっくりになるのか」についての具体的なポイントを、その人のその段階毎に適した内容として、様々な角度から提示する事になりますし、それらのポイントを踏まえながら練習するからこそ、様々な感覚が磨かれていく事にもなるわけです。

とすれば、最初から「そっくりに」というお題目を放棄してしまったのでは、尚更どうにもなりません。


私が指導していて最も困るのは、その人が不器用であるとか、なかなか上達しないとか、そんな事ではなく、私の話を自分勝手な解釈で受け止めて、それをそのまま実行してしまう人です。

この場合、厄介な事に、当の本人にはその自覚が無い場合が殆どです。

私としては、指導する側としてそのような状態を看過出来ませんので、なるべく早い段階で軌道修正するようには努めるのですが、本人は自分なりに腑に落ちた状態での解釈とそれに基づく実行ですから、1度そのような状態に陥るとなかなか私の話に耳を貸してくれません。

理想で言えば、こちらが先手先手を打ってそのような状態にならないようにすべきですし、その為にこその指導する側の存在なのですが、私の想定を上回ってしまう事が少なくないのも事実です。


まぁ、早い話が私の指導する側としての力量不足という事なのです。

というわけで、最近のあれこれの自分の力量不足に対する反省を、自戒の意味を込めてここに書き残しておくのでした。

--------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

尚、「この草書で書かれた文の読み方を教えて欲しい。」「この古典の訳を教えて欲しい。」といった主旨の御依頼は受けかねますので、何卒御了承下さい。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。
posted by 華亭 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

「文字」と「形」の問題。

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

--------------------------------------------------------

前回と同様に、今回の話、普段の教室では色々な方達に繰り返し話し続けているので、てっきりこのブログでもさんざん書いてきたとばかり思い込んでいたのですが、通信添削を受けていらっしゃる方から以前御指摘を頂戴しまして、「書いてきた」というのはどうやら私の思い違いだったようなので、今回は改めてちゃんと書いておこうと思います。

これまでに触れた事のある内容と重なる部分も多々あるかもしれませんが、改めて内容をまとめ直し、という事で何卒御容赦ください。

因みに今回の内容は、以前触れた文字認識と図形認識に絡むお話です。


さて、やっと本題。

私は初学者の皆さんにとっての大きな問題の1つは、手本の字を「文字」として捉えてしまう事だと考えています。

そう言われても、

「字を『文字』として捉えるなんて当たり前の話だろ?」

と思われる人が少なくないのかもしれません。


結論から言うと、

字を「文字」としてではなく、「形」として捉える事が出来るかどうか、これが極めて重要だと思います。

私の指導経験上、この「形」として捉える感覚というのは、私から何も言われなくても最初から身に付けている人もいれば、何十年やってもなかなか身に付かない人もいるようです。


しかしそもそも「文字」の見た目を形作っているのは、それこそ文字それぞれが持っている「形」のはずです。

にも関わらず何故、人は「文字」を「形」としてではなく「文字」として認識するのでしょう。


文字それぞれが本来持っている「形」を単なる形ではなく「文字」として分け隔てているのは、他でもない人間自身の認識です。

例えば「あ」という文字を100人に書いてもらうと、実際には100通りの形を持った「あ」が出来上がるわけですが、私達はそこに顕れているはずの100通りの形の違いは無いものの如く、同じ「あ」として認識します。

これは、様々な種類の犬を見ながらも、ひとまとめに抽象化された「犬」として認識するのと似ていて、100通りの形を見ながらも、ひとまとめに抽象化された「あ」という文字としての認識です。(文字認識)

この観点からすると、字を「文字」としてではなく「形」として捉える、というのは、ひとまとめに抽象化された「あ」としてではなく、100通りの「あ」として捉える、という事に他なりません。(図形認識)


それでは何故、そんな必要があるのでしょうか?


たとえそれが無意識であったとしても、手本の字を「文字」として捉えてしまうと、本人がいくら「手本そっくりに書こう」などと思いながら手本を見ていても、実際には、あくまで「文字」としての「あ」として捉えているに過ぎない、という状態になります。

この状態では、100通りの「あ」が持っているはずの100通りの形を、それぞれ別々のものとしては認識しようとしません。

早い話が「読んでいる」に過ぎない状態です。

そして、ここが厄介なところですが、「文字」として捉えられた手本の「あ」は、それを書く際にも無意識のうちに、「文字」として捉えた感覚のままに「文字」としての「あ」として書かれてしまう事になるのです。

そうなると、既に自分の中に出来上がってしまっている「文字」としての「あ」の字形が、手本の字形とは関係無く出てきてしまうのです。

これでは手本を見ている意味がありませんね。


「いつまで経っても癖字が直らない」

と嘆く人がいますが、これもその典型的な症状です。

このような人の場合、文字認識でしか字を見たり書いたりしていません。

癖字を直す、という問題については、「癖字を直す」という意識ではなく、「癖字とは別の字形を新たに覚え直す」という意識がとても重要なのですが、それも、字を見たり書いたりする時に、「文字」としてではなく「形」として扱う、という意識を持てるかどうかにかかっています。

敢えて表記を区別すれば、「見たり書いたり」ではなく、「観たり描いたり」といった感じですね。


と、ここまで書いてきましたが、今回と同様の内容、やっぱりどこかで書いたような気がしたので探してみたら、、、

ありました!


形の話。その2」の回で、「ま」を例に挙げて説明しています。

う〜ん、完全にネタがかぶってしまいました(汗)

でもまぁ、せっかく書いたので、ボツにするのも勿体ないし(笑)、このままアップしてしまいましょう。

というわけで、「形の話。その2」の回を改めて読んでみて下さい。

それではまた。

--------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

尚、「この草書で書かれた文の読み方を教えて欲しい。」「この古典の訳を教えて欲しい。」といった主旨の御依頼は受けかねますので、何卒御了承下さい。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。
posted by 華亭 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

余白に対する意識。

これまでの記事の一覧はこちらへ
記事の一覧です

通信添削についてはこちらへ
通信添削について』

メールによる御質問はこちらのアドレスへ
nonbirishodo@mail.goo.ne.jp

--------------------------------------------------------

今回の話、私にとっては改めて意識する事など無いくらいにいつの間にか当たり前のようにやっていた事なので、師に教わったわけでも何かを読んで身に付けたわけでもありません。

なので、世の中の書の先生達がどのように考え、どのように教えているのか、そもそもこんな話をするのかしないのか、といった事についても実は全く分からないのですが、私の中では極めて重要なポイントだと思っている部分なので、普段の教室でも、このブログの通信添削でも、頻繁にしている話です。


例えば「口」という字を手本を見ながら書く時を考えてみます。

「口」その1-1.jpg


皆さんの場合、手本を見ながら1画目から順番に「太さは?角度は?長さは?」と筆線に意識を向けながら書くと思います。

当たり前ですよね。

当たり前なんですが、私の場合、ちょっと違います。


手本を見たら先ず、筆線に囲まれている余白の部分(黄緑の部分)に意識を向けて、手本の余白の形と大きさをしっかりと掴みます。

「口」その1-3.jpg

そうしたら、今から自分が書く(まだ白いままの)紙面の上に、手本から掴んだ余白の形と大きさをはっきりとイメージします。
「口」その1-2.jpg


それから今度はその紙面にイメージした余白を「線で囲いこむ」つもりで書いていく、といった感じです。

勿論、「線」とは言っても筆線には形がありますから(「形の話」の回参照)、形を持った筆線で囲いこむ事になります。


どうでしょうか?

皆さんとは意識の仕方が反対と言うか裏返しと言うか、とにかく違うのが分かるでしょうか?

例えば1画目で言えば、私が気を付けているのは「1画目の長さ」なのではなく、「余白のAの長さ」なのです。
「口」その1-4.jpg

「同じ事だろう?」

と思われるかもしれませんし、確かに結果としては同じ部分の長さを意識している事に違いは無いのですが、その意識の中身はまるで違います。

皆さんの場合は、1画目、2画目、3画目、と書き進み、その結果として余白が浮かび上がる、という事になるわけですが、私の場合は余白ありき、書く前に既にその形も大きさも決定している、という事なんです。

皆さんの場合、この辺りが曖昧なままに書き始めてしまうので、書き上がった時に、

「口」その2-1.jpg


このように、外形は大体同じでも、よく見ると余白の形が全然違う、という事が起こりがちなのです。


今回の話、実は随分前に「書譜」の回で同様の内容についてほんの少しだけ触れています。

少しだけではありますが触れていますし、普段の教室や通信添削で余りにも日常的に「ここの余白を手本と比べてみましょう」といった話をしているので、とっくにきちんとした内容として記事にしてあるとばかり思い込んでいました(汗)

今回は説明の為に「口」を例に挙げたのでとてもシンプルな話でしたが、実際にはこれ程シンプルにいく時ばかりではありません。

しかし、私の場合にはありとあらゆる箇所に関して、線の部分ではなく線によって生まれる白い部分に対するこの感覚が働き続けています。

と言うよりも、私にとっては「字を書くというのはそういうものなのだ」と言える程に当たり前な話ですし、「それを抜きにして書けと言われても無理」と思える程に体の芯まで染み付いてしまっています。

これが良い事なのかどうか、正直に言うと私にも分かりませんが、この感覚が抜け落ちているが故になかなか上達していかない、というケースを指導の現場で数多く見てきたので、ここで改めて触れてみる事も無駄ではないように思い、今回の話となりました。

参考になりましたら幸いです。

それではまた。

--------------------------------------------------------

初めてこのブログを読まれた方へ。

いらっしゃいませ。

あれこれ思いつくままに書いているので、書道独特の専門用語や人名などの固有名詞に関しては、その都度解説を付ける事はしていません。

初心者の方や学び始める以前の方には難解な部分も多かったかもしれませんが、お許し下さい。


「一言書いてみたいんだけど、みんなに読まれてしまうコメントに書くのは何だか気が引ける・・・」

という方や、

「何だか下手な事を書いたら説教されそう・・・」

という方、また、通信添削について御質問のある方は、下記のアドレスまで御意見御質問をお送り下さい。

誹謗中傷を目的としたような常識に反するもの以外、お返事させていただきます。

尚、「この草書で書かれた文の読み方を教えて欲しい。」「この古典の訳を教えて欲しい。」といった主旨の御依頼は受けかねますので、何卒御了承下さい。

nonbirishodo@mail.goo.ne.jp


定期的にアップ出来ているわけではありませんが(正直言ってサボりがちです)、よろしかったらまた覗きにいらして下さい。
posted by 華亭 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする